先生

前立腺がんは転移が多い病気|最適な治療法を考えよう

治療方針は慎重に検討

女医と患者

手術が難しい場所

前立腺がんは前立腺にできるがんですが、早期発見時においても外科手術による治療が難しい場所にあります。そして手術時には前立腺を切除する事になりますので、日常生活に支障をきたすことになります。前立腺がんも転移します。血液やリンパ節に乗って離れたところに移動するのが転移ですが、前立腺がんの転移先は膀胱や直腸が多くなっています。性質自体は前立腺がんと同じであるため、治療方針に変わりはありませんが、手術などを用いて治療することが一般的です。また骨や骨盤への転移も多いのが特徴です。他の癌が転移する時、骨や骨盤への転移は末期状態で転移することが多いのですが、前立腺がんの場合には早期に移ることが多いのが特徴になっています。

手術は生活の質を落とす

前立腺がんはその性質から、外科手術を行うと生活の質を落としてしまうことも想定されます。そのため治療方針に関しては担当の医師と話し合うことが大事になります。転移をすることを見越して転移先に放射線治療などを継続して行い、前立腺に関してはがんの治療を行わずに共存するなどの工夫も必要です。一度落とした生活の質を元に戻すことはできません。そのため生活の質が落ちた場合をシミュレーションして治療を行う事が大事になります。一番怖いのは全身むしばまれることですので、先を見越した治療も必要となります。転移先の治療は放射線治療が一般的ですが、微量の放射線を回数を多くして行うなど体に負担をかけない治療法を選択することです。

特徴的ながんの広がり

診察室

前立腺がんは男性に起きるがんで、排尿に異常が見られることで発見されることが多いです。この前立腺がんは転移しやすい特徴も持つので、この場合は進行を抑えていくのが治療の目的になります。転移している場合は、治療と長く付き合っていくことが求められます。

この記事を読む

進行の遅いがんと付き合う

医療器具

前立腺がんは男性特有の臓器に発生するがんです。高齢者ほど発症率が高くなりますが、進行速度が極めて遅いため特に治療を必要としないケースもあります。前立腺がんは転移しているかどうかで治療法が大きく異なります。がんが前立腺の中にとどまっていても、経過観察だけは欠かさずに続ける必要があります。

この記事を読む

進行度の低いがんとは

女の人

前立腺がんは50代以上の男性に増加傾向が見られるがんです。懇願は非常に緩やかなスピードで進行し、自覚症状が出る頃には転移していることが多いためサイレントキラーと言われています。血液検査により腫瘍マーカーからがんを疑い、針生検・CT・触診等で病期を確定し、治療方針が決まります。

この記事を読む